Loading...

Interview with
Kaytranada Producer / DJ
Interview about Life in Work

世界のクリエイターたちの
新しいワークスタイル

時代が変われば、それに伴って働き方が変わるのは世の常。オンラインが普及したことによって在宅勤務が可能になり、パソコンの画面で打ち合わせをするなんて一昔前であれば考えられなかったことだ。社会が少しずつ柔軟になることで、どんな場所で、どんな服で、どんな時間に、どのように働くかを考える必要も増してきた。クリエイティブに自分らしく働くためには、どういうワークスタイルにするべきか。ここでは、ファッションや音楽のシーンで活躍する世界中のクリエイターたちのワークスタイルに迫る。彼らのワークスタイルから新しい時代のヒントを感じ取って欲しい。

Interview with
Kaytranada Producer / DJ
Interview about Life in Work

世界のクリエイターたちの
新しいワークスタイル

時代が変われば、それに伴って働き方が変わるのは世の常。オンラインが普及したことによって在宅勤務が可能になり、パソコンの画面で打ち合わせをするなんて一昔前であれば考えられなかったことだ。社会が少しずつ柔軟になることで、どんな場所で、どんな服で、どんな時間に、どのように働くかを考える必要も増してきた。クリエイティブに自分らしく働くためには、どういうワークスタイルにするべきか。ここでは、ファッションや音楽のシーンで活躍する世界中のクリエイターたちのワークスタイルに迫る。彼らのワークスタイルから新しい時代のヒントを感じ取って欲しい。


WORK TOOLS

作業用の椅子から全て手の届く範囲にターンテーブル、ミキサー、レコードラックと必要最低限の機材が並ぶ小さくシンプルな空間が彼のワークスペース。慣れ親しんだ機材でフレッシュな音楽を作り続ける彼には、多すぎる機材は必要ない。その分一つ一つの機材にはこだわりがある。例えばヘッドフォン。ワークスペースで作曲している時も、ツアーでセットをプレイしている時でも必ず愛用しているのはAIAIAIというメーカーのTMA-2というモデル。モデュラー(交換可能な構成要素)でヘッドバンド、スピーカーやイヤーパッドを選んでいるので、彼が心地よく音が聴けるようにカスタムされているものだ。どこにいても同じ環境の音を耳にできることで、音のブレも少なくなりセット中の調整もしやすくなるという。また、ダンスしたくなるドラムとベースがシグネチャーのケイトラナダにとって、ドラムマシンのMASCHINEMK3も欠かせない仕事道具の一つである。「これがあることで正しくドラムを叩くことができるから、かなり重要なものだね」。楽器でプレイすることはまだ得意でない彼は、ドラムマシンを通して頭の中で流れているドラムループやメロディーをすぐ具現化しているのだ。もちろんMacbook Proも欠かせない。彼の作業はこれ1台で始まり、終わるといっても過言ではない。ツアー中は必ずパソコンとドラムマシンを持って移動している彼だが、アイディアが湧いた時MacbookProさえあればドラムマシンがなくても制作できるという。「ティーンエイジャーから大人になったばかりの頃は、コントローラーなしで全て学んだから、究極に必要なのはこれだけなんだ」。そんな彼は最近新たにキーボードの魅力に目覚め、制作でも使用しているという。使用機材Komplete Kontrol M32Keyboard。「子供の頃にピアノを習ってたんだけど、しばらく使ってなかったんだ。でも最近これを使うことが多いかな。まだそんなに上手くないけど、これがあれば新しいクレイジーな音楽が作れるんだよね」。いつかはジャズのバンドでピアノかギターの演奏をしたいという彼の夢はそう遠くはないかもしれない。
使い慣れた少ない機材で生み出されるケイトラナダの音楽は、これからも進化を続けるだろう。その傍らにはいつもこれらの道具があるに違いない。

シンプルで必要とするものだけを置いているケイトラナダの ワークスペース。自身の家で、長年使ってきた道具で音楽制作 をするからこそ、彼は本音を出せる。最近はKomplete Kontrol M32 Keyboardを使ってジャズの音色を自身のスタイルに混ぜ合わせ、アーティストとしての進化を続けている。

 
ケイトラナダ
1992年ハイチ生まれ。14歳から音楽活動を始め、ベースとドラムから生まれるグルーブを特徴とする世界的に有名なDJ兼プロデューサー。2019年に3年ぶりのアルバム、『BUBBA』をリリースして世界的反響を呼んでいる。
 
 
 

Photo Kane Ocean Interview Mikuto Murayama Text Mikuto Murayama Satoru Komura

Related article