Loading...
  • EN
  • JP

Wardrobe 旅の思い出を共にするもの

Wardrobe 旅の思い出を共にするもの

TrunkLouis Vuitton
Bisten 55 ¥696600 By LOUIS VUITTON (LOUIS VUITTON CLIENT SERVICE)

 
 

大切な記憶を詰め込む
自分だけの旅行記
ルイ・ヴィトンの長い歴史の原点はトラベル用トランクから始まった。ブランド創設者であるルイ・ヴィトンは16歳の頃からトランク職人を目指し修行を始め、のちに33歳で独立、開業した店こそが現在のメゾンブランドを代表するルイ・ヴィトンである。当時出回っていたトランクの錠前は簡易的なものがほとんどで旅行者の持ち物はたびたび盗難の標的になりやすかった。旅行者が安全に荷物を保護しながら移動できるようルイ・ヴィトンはその方法を研究し続けた。
 
そしてその想いを受け継いだ息子のジョルジュ・ヴィトンはついに画期的な構造の錠前を発明し、特許を取得することに成功。その錠前のシステムは現在でも使用されており、ルイ・ヴィトンと彼の息子が成し遂げた偉業は今でも旅行者の荷物を守る大切な役割を担っている。思い出の詰まった製品を長く愛用してもらいたいというブランドの想いからルイ・ヴィトンのプロダクトは長く使い続けられるよう、リペアサービスが用意されている。使っているうちに生じる不具合を修理してもらうことができるため経年を楽しみながら長く使い続けることができる。使い込むにつれ滲み出てくる味や風合いは旅の記憶そのものなのだ。
Mini bag
Loewe

Bunny Mini Bag ¥113400 by LOEWE (LOEWE JAPAN customerservice)
クラフトマンシップが生み出した愛らしい相棒

ロエベはこれまでにアニマルモチーフのアイテムを数多く発表して来たが中でもバニーシリーズは新たな定番モデルとして不動の人気を確立している。もともとアニマルシリーズが生まれたきっかけは工房の職人が余ったレザーの切れ端で偶然作ったことから始まった。ロエベのアニマルシリーズは動物をモチーフにした立体的な形を必要最低限のステッチで仕立てている。今期は職人の巧みな技術によって編み込まれた涼しげなラフィア素材のバニーバッグが登場し、レザー同様に卓越した職人技でひとつずつ丁寧に作られている。天然素材のラフィアは柔軟性が強く、ひび割れにも強いため旅先のどんな気候でも型崩れの心配をせずに外出することができるだろう。本物のウサギを思わせる小ぶりなサイズ感もちょっとしたショッピングやディナーに最適だ。見た目も可愛らしいロエベのアニマルシリーズは長年の歴史で培ってきた素材との向き合い方を熟知したロエベにしか作れない特別なプロダクトなのである。

Passport case
Bottega Veneta
大人の余裕感じる
上質なパスポートケース

空港だけでなく何かと取り出す場面の多いパスポートケース。旅行先にしか持っていかないアイテムかもしれないが、だからこそ末長く共に旅をしてくれる上質なものを選びたいものだ。ボッテガ・ヴィネタの新作パスポートケースは柔らかなナッパを使用した上品でタイムレスなデザインが主張しすぎない大人の余裕を演出してくれる。バイカラーの配色は鮮やかなものからシックなものまで展開されており、家族や恋人同士で使えるジェンダレスなデザインも魅力的。2018年7月に新クリエイティブ・ディレクターとして就任したダニエル・リーを迎えた新生ボッテガ・ヴェネタはこれまで受け継がれて来たボッテガ・ヴェネタの伝統を守りながら現代的ファッションの要素を取り入れ、モダナイズしたコレクションを発表している。リアルクローズを意識したウェアだけでなく、現代の生活に必要なワードローブを意識したレザーアイテムが豊富に展開されている。

Passport case ¥43200 by Bottega Veneta (Bottega Veneta Japan)
Scarf & Stall

Top to Bottom
Stall ¥39960 by Pierre-Louis Mascia Scarf ¥15120 by Jean Jacques Rogers Scarf ¥15120 by Jean Jacques Rogers Scarf ¥19440 by Kinlock(TOMORROWLAND)

 
 

限られたワードローブを豊かにするもの

旅先でも毎日違ったコーディネートを楽しみたいところだが、旅に持っていける服の量は限られている。少ないワードローブの中で、スカーフやストールはワンパターンになってしまいがちな服装にアクセントをつけてくれる万能アイテムだ。絵柄や色合いによって、カジュアルダウンにもドレスアップもできるため数枚持っていくだけでコーディネートの幅も広がるはず。全てオリジナルの絵柄でデザインされたジャン・ジャック・ロジェのスカーフはオリエンタルな印象に。キンロックのスカーフは世界各国の風景やカルチャーをモチーフにしたポップで美しい配色が楽しいものばかり。ピエール・ルイ・マシアのストールはまるでアートピースのような独創的な柄が印象的だ。いずれも一枚一枚丁寧な染色が施され、肌触りの良さもお墨付き。ディナーに出かける前に首元に巻いたり、肌寒くなってきたら肩からかけるなど使い道はアイディア次第だ。旅先ではどんなシチュエーションも楽しみたい。

Sunglasses

Sunglass (ECHO) ¥68040 by MYKITA + MAISON MARGIELA (MYKITA JAPAN) Sunglass ¥60480 by COURREGES (EDSTROM OFFICE) Sunglass (RAW) ¥66960 by MYKITA + MAISON MARGIELA (MYKITA JAPAN) Sunglass ¥52380 by COURREGES (EDSTROM OFFICE)

 
 

鮮やかなレンズ越しに映る客地の景色

ビーチやショッピングに出かけたり、旅先では屋外に出ている時間も長いはず。眩しい日光から目を守るのはもちろん、ユニークでカラフルなサングラスは旅の気分を一層盛り上げてくれる旅の必需品。60年代のファッションシーンに革新的なムーブをもたらしたフランスの代表的ブランド、クレージュは昨年よりヨランダ・ゾベルをデザイナーに迎え、2019AWコレクションでは開放的なモダニズムに着目した近代的なスタイルを発表した。ブルーのレンズが近未来的なキャッツアイ型や、70年代を彷彿させる大きく四角いタイプのモデルなどクレージュらしいユニークなシェイプが一際目を引く存在感だ。マイキータからは、長年コラボレーションを続けているメゾン マルジェラとの新作モデルを紹介したい。超軽量のECHOシリーズからは、先進的なスポーティーの要素を落とし込んだモデルが登場。最終の工程をあえて未処理のままで仕上げたRAWシリーズの新作はフラットなキャッツアイで個性的かつこなれたフェミニンクールな印象だ。幅広い視野を持つ両者ブランドのコラボレーションだからこそ実現する常識を超えた機能性とデザインは新たなアイウェアの可能性を広げ続けている。

Related article