Loading...

Tokyo Things 東京を象徴するアイテム

常に新たなアイテムが生み出される東京。国内だけでなく世界中からも情報や人が集まってくる街だからこそ、斬新なクリエイティブアイデアが生まれやすい環境なのかもしれない。そこでこの企画では、象徴的なアイテムをピックアップし、今の、そしてこれからの東京のクリエイションについて考えていきたい。

Tokyo Things 東京を象徴するアイテム

常に新たなアイテムが生み出される東京。国内だけでなく世界中からも情報や人が集まってくる街だからこそ、斬新なクリエイティブアイデアが生まれやすい環境なのかもしれない。そこでこの企画では、象徴的なアイテムをピックアップし、今の、そしてこれからの東京のクリエイションについて考えていきたい。

Clockwise from top
Hat ¥25300 by AURALEE MADE BY KIJIMA TAKAYUKI (AURALEE)
Sandals ¥28600 ¥28600 by AURALEE MADE BY FOOT THE COACHER (AURALEE)
AURALEE
Hat & Beach Sandals
東京ブランドと生み出す
繊細で華やかな夏小物

 
シンプルでモダンで上質。それでいて気取らない。日常を少しだけおしゃれに演出してくれるプロダクトで幅広く支持を集めるオーラリー。現在の東京を象徴すると言っても過言ではない本ブランドが、同じく東京を代表する2ブランドとタッグを組んで生み出した2つのアイテムも、そんな魅力にあふれている。直線的なスクエアトウが、エッジーでスタイリッシュなビーチサンダルは、フットザコーチャーとのアイテム。エレガントな淡いイエローのソールとグラデーションになった華奢なベルトがモダンな雰囲気を醸し出す。長いブリムが印象的なハットは、帽子ブランドの老舗、キジマタカユキとのコラボレーションによるもの。品あるカラーリング、タフでアクティブなナイロンをボディに採用した独特の光沢と軽さが魅力の1品は、街でも海でも折りたたんで持ち運べるのも嬉しい。もちろんクオリティは折り紙付き。現代のムードを映し出す繊細さと華やかさを兼ね備えたアイテムには、世界に誇る東京の高いクリエイティビティが詰まっている。
 

T-Shirt ¥6600 by LE (L’ECHOPPE Shibuya)
LE
T-Shirt
9バリエーションで展開する
こだわりの詰まった無地T

 
洋服好きを唸らすコアなセレクトが人気のレショップ。同店のオリジナルブランド“LE(エルイー)”は、レショップディレクターの金子恵治とコモリのデザイナー小森啓二郎の2人が手がけていることもあり、いわゆるショップオリジナルブランドとは一線を画すコンセプチュアルな服作りが面白い。このTシャツは、身幅をスタンダード、ワイド、エクストラワイドの3パターン、着丈をショート、スタンダード、ロングの3パターンを用意。つまり9サイズバランスの展開を行っている。無地Tシャツというシンプルな存在だからこそ、人それぞれ細かなサイズ感の理想があり、それに応えるラインナップだ。洋服におけるその細部へのこだわりはまさに東京的である。
 

Book ¥7700 by UDA (NORMAL)
mekashiproject.stores.jp
UDA
kesho Book
オリジナリティを持つことが
東京で輝きを放つ化粧となる

 
日本人特有の「季節を捉える感性」にインスピレーションを得て、メイクを日本的な目線から「kesho(化粧)」と再定義したメイクアップアーティストUDA(ウダ)の作品が一冊の書籍としてまとめられた。keshoを纏い繊細さや儚さが引き出された日本人女性を守本勝英(本誌巻頭ファッションストーリーも撮影)が撮り下ろした写真たちは、四季の移ろいを感じさせる写真集のような見応えもある。だが特に重要なのは、メイクの「やり方」ではなく「考え方」をUDAがこの本で伝えようとしていること。自己表現の一つだからこそ、アイディアやオリジナリティあるメイクをすることが、人や情報で溢れる東京の街で輝きや魅力を放つのではないだろうか。もちろんUDAのアイデアからインスピレーションを得て、季節の色を取り入れたkeshoを東京の街中で楽しむのも粋だろう。
 

LURE by CAREERING
CAREERING
Bracelet
東京のカッコいいものは
いつも何気ない会話の中から

 
コロナでなかなか会えなくなって、久々に会えるとそれはそれは楽しいものだ。松田翔太率いるキャリアリングチームと我々Silverチームも久々の再会を喜び、Silverのディレクションで動画を作ったら面白そうだ、タイミングを同じく新しいジュエリーを考えている、などなど、会話は大いに盛り上がった。後日、その時の他愛もない会話の中からインスピレーションがあったと、キャリアリングチームから連絡があり「カッコ良いのができた」と見せてくれたのが、このブレスレットだ。繊細で洒落の効いた素晴らしい仕上がり。何気ない会話の1シーンがインスピレーションとなり生まれたアイテム。そんな遊びの中から導かれるモノこそ、本当にカッコいい東京的なアイテムなのかもしれない。
 

Shirt ¥63800 by sacai × KAWS (sacai)
sacai X KAWS
Jacket
東京と世界をつなぐ両者の
ウエアラブルアート

 
今やファインアート界でも地位を得ているカウズ。ストリートシーンにもアイコニックに根付いた彼のグラフィックは、東京のカルチャーとも非常に密接な関係にある。90年代、東京を訪れたカウズは、当時の原宿を中心としたサブカルチャーに触発されたことでその後の作風にも多大な影響を受けた。その象徴的なカウズのアートワークをふんだんに使用した、サカイの2021年秋冬コレクション。1965年にイブ・サンローランが画家ピート・モンドリアンの作品を服に落とし込み発表した“ウエアラブルアート”の概念を現代的に表現したのが本作である。東京を代表するブランドのサカイと、東京と密接な関係にあるカウズによる必然的なコラボーレーションだ。
 
 
 
 

Photo Taijun Hiramoto Text Takuya Chiba
Satoru Komura
Yutaro Okamoto
Takayasu Yamada
Shohei Kawamura

 

Related article