Loading...
  • EN
  • JP

Stylist’s Eye
Tsuyoshi Nimura 07

Stylist’s Eye
Tsuyoshi Nimura 07

ENGINEERED GARMENTS
Ground Jacket

Ground Jacket ¥78000 by ENGINEERED GARMNETS

 
 

ヘリテージの雰囲気を持っている
カジュアルなデザインが気に入ってます

「今ヘリテージのスパイスが少し入ったウエアに惹かれているんです。ハイテクなアウターなんかも好きなんだけど、実際に選ぶのは最近は天然素材を使った服ばかりです。このアウターは3ヶ月前くらいにスケーターのストーリーを撮影した際にリースしました。玉虫色は派手かなと思ったけど、実際に着てみたらちょうどいいし、中はボアで暖かい。バブアーとコーチジャケットの中間のような雰囲気が気に入りました。動きやすいんだけどクラシックなイメージにも仕上がってる。デザイナーの(鈴木)大器さんはその辺のバランスがやっぱりうまいなと思いました。襟を立てて着てもカッコいいんです。エンジニアド ガーメンツのアウターを買ったのは久しぶりだったけど、すごく気に入っています」。

TOM FORD Boxer Briefs

Underwear ¥11000 by TOM FORD (TOM FORD JAPAN)

 
 

ロゴの大きさもちょうどいいし、
いい感じにいやらしさがない

「とある俳優さんと仕事をした際に、“トム フォードのアンダーウエアっていいよ”と教えてもらって。実際にお店でチェックしてみたら、ロゴの大きさもちょうどいい。いい感じにいやらしさがないんです。最近見た下着の中では一番購買意欲をそそられたから、すぐに穿きはじめました。これまでもフィット感のよいボクサータイプのものをずっと穿き続けてきたんですけど、これは素材もいいから本当に快適。当分穿き続けていきたいです。トムフォードのウエアは、アメリカのトラッドの雰囲気があってカッコいいんですけど、高価なので手が出しづらいんです。そういう意味では下着は手に取りやすい。とはいえ下着にしては高級品だから、まずは2、3枚で」。

JIL SANDER+
Denim Pants

Denim Pants by JIL SANDER+ [Stylist’s Own]

 
 

頑丈な素材感と程よいゆるさが
ちょうどいいんです

「ここ最近黒いスラックスが多かったから、その反動でデニムがいいなと思ってたんです。今まで新品のデニムってリーバイスのレプリカかアー・ペー・セーのものしか買ったことがなくて、ハイブランドのものは買ったことがなかったんだけど、このジル サンダー+のデニムは、ストレッチのない厚手のがっしりした素材感がいいな、と思って穿いてみたらよかったので、即購入しました。腿まわりも太くて動きやすいから、仕事柄膝をついて作業したりする僕にはちょうどいい。このツイスト(立体裁断)でテーパードがかかったものの他に、ボタンフライでストレートのシルエットも持ってます。最近はほぼこの2本しか穿いてないですね。理由は特にないんですけどツイストにはスタンスミス、ストレートには黒のCONSを合わせてます」。

PHIGVEL Bottleneck Knit

Knit Sweater ¥43000 by Phigvel (PROD) All prices are tax excluded.

 
 

去年はパーカばかり着てたけど
今年はニットの気分なんです

「ジル サンダー+のデニムに合わせるデニムジャケットが欲しいと思って、フィグベルのお店に行ったときに、偶然このミリタリーテイストのモックネックを見つけたんです。去年はパーカばかり着てたんですけど、ヘリテージな雰囲気の服に惹かれてるから今年はニットの気分なんです。本物の軍のセーターは硬くて重いけど、ウール90%カシミヤ10%で着心地もいい。ゲージもちょうどよいし、厚すぎないからアウター着てもごわつかない。試着してすぐカーキとコヨーテの2色を買いました。親指が出せるのも仕事柄便利で重宝してます。寒いロケの時はこのニットと指ぬきの手袋すればOK。首元が寒い時はシャルべの黒のスカーフを巻いてます」。
 
 
 

二村毅

本誌でも多数のファッションストーリーを担当しているスタイリスト。アートにも造詣が深く、その知識に裏打ちされたファッションディレクションは各方面から高く評価されている。

 
 
 

Photo Taijun Hiramoto Edit & Text Satoru Komura

Related article