Loading...

SILVER ICON’S STYLE Malcolm McLaren - CHECK PATTERN

SILVER ICON’S STYLE Malcolm McLaren - CHECK PATTERN

いつも同じ格好をしている人。会うたびに違う服を着ている人。ファッションスタイルは千差万別だが、どこかに自分らしいトレードマークになるようなアイテムやルールを持つこと。身につける意味を持って着る。それによって、スタイルは格段に奥深さを持つことだろう。

ここでは、昨今のファッションスタイルに影響を与え続ける人物たちが愛したアイテムの話をする。自分の名刺替わりとなるアイテムを持つ重要さを彼らから学びたい。

 


 

わざわざ書くことでもないが、パンクというのは音楽のジャンルではなくアティテュードを示す。これは「自分らしくあれ!」という、我々が死ぬまで忘れてはいけない絶対的理念に繋がっていくわけだが、スタイルとしてはタータンチェック柄が、そのアイコンとなっている。

 

時は70年代後半のロンドン。マルコム・マクラーレンはニューヨーク・ドールズのマネージャーを経て、ブティック「SEX」にてボンテージファッションを展開。ご存知の通り、セックス・ピストルズのファッションスタイルを確立したわけだ。安全ピン、ボロボロのコットンシャツ、ツギハギだらけの細いチェックパターンパンツ、これらのキーワードは、一過性の流行で片付けられることなく、約50年経った現代においても、パンクの眷属であることを明らかに示す武器となった。パンクのスタイルを象徴するアイテムは多々あれど、チェック柄が格別のパンクな強さを持つのは、これがスコットランドの伝統的な織物であり、イギリスの皇室も愛用していたからだろう。ロイヤルスチュアートタータンという権威と格式があるとする。その既成概念と価値観をユースの発想力と創造性でもって打ち壊し、自分たちだけのユニフォームにしてしまった。もちろん、すべてのチェック柄のアイテムがイコールでパンクになるというわけではない。本来は紳士淑女のものだ。ただ、マルコムは、この柄にパンクというスタイルを刻んだのだ。

Coat ¥194400 by CMMN SWDN (GEM PROJECTOR) Pants ¥56160 by MAGLIANO (Diptrics)

 

 

マルコム・マクラーレン

(1946122-201048(64歳没))はロンドン出身のファッションデザイナー、起業家。セックス・ピストルズの仕掛け人。

 

 

 

Photo Taijun Hiramoto
Styling Shuhei Yoshida
Illustration Éi Kaneko
Text Ryo Tajima

Related article