Loading...

not just art DEUS EX MACHINA

not just art DEUS EX MACHINA

形のないカルチャーをアートで表現

デウス・エクス・マキナを形作るバイク、サーフ、カーなど様々なカルチャーを落とし込んだアート群。ディレクターのカービー・タックウェルによるものから、ポール・マクニールをはじめとした仲間のアーティストのものまで、実に多種多様。これらのアートはすべて原宿にあるデウス・エクス・マキナのショップで見ることができ、一部は販売もされている。オンラインでも販売されているので、ぜひチェックしてほしい。

 
 

Young Jerks Collaboration Collection

2020春夏シーズンの目玉としてローンチされるNYの2人組ユニット、ヤング・ジャークスとのコラボコレクション。キャップからパンツまで幅広く展開されるアイテム群は高いメッセージ性とカラフルな色使いが印象的。

 

1.T-Shirt ¥6000 2.Crew Neck Sweat ¥12000 3.Jacket ¥15000 4.Jacket ¥18000 5.Sweat T-Shirt ¥10000 6.Half Sleeve Shirt ¥12000 7.Shorts ¥12000 8.Half Sleeve Shirt ¥12000 9.Long T-shirt ¥7500 10.Denim Jacket ¥18000 11.T-Shirt ¥6000 12.T-Shirt ¥6000 13.Cap ¥5500 14.Pants ¥14000 15.Half Sleeve Shirt ¥12000
 
by Deus Ex Machina (Jack of all trades co.,ltd.)

 
 
 

アートで繋げるカルチャーと服

 

2006年、オーストラリアでバイクへの情熱を武器にカスタムバイクとパーツの販売からスタートしたデウス・エクス・マキナ(以下デウス)。バイク、サーフ、スノーをはじめ様々なカルチャーをバックボーンにウエアへと落とし込むブランドだが、その展開は服だけではない。むしろ服はブランドの一部と呼んだほうが自然なのかもしれない。今回はアートという視点から、ブランドの魅力を探っていきたいと思う。
 
ブランドのクリエイティブディレクターを務めるのはカービー・タックウェル。オーストラリアでグラフィックデザイナーとして活躍し、誰もが知る航空会社のロゴを手がけた経歴を持つ優れたクリエイターだ。彼はデウスのカルチャーを表現するため、自らブラシを取り、バイクのエンジンやヘルメット、サーフボードのフィンなどをモチーフに、様々なアートを制作した。DEUSの4文字が描かれたおなじみのシールドロゴももちろん彼の手によるもの。温かみある手書きのグラフィックからは、ブランドのDIYな精神や仲間たちの暖かささえ感じ取ることができる。彼は形のないカルチャーをアートを通じて表現し、ブランドの世界観をわかりやすく伝えているのだ。ショップに足を運べば、そんな作品の数々を目にすることができるだろう。また、デウスはバイク、サーフを通して数多くの仲間のアーティストとも繋がっている。例えばポール・マクニール。サーフアートの第一人者であり、ビースティ・ボーイズら数多くのアーティストのジャケットを手がけた彼も仲間の1人。彼がスプレーアートを施したサーフボードもショップに展示されているのでぜひチェックしてほしい。そんなアートを目にできるのはもちろん展示だけではない。デウスは彼らのアートピースをウエアに落とし込んだコラボコレクションも度々リリースしている。さらに多くの人に彼らのカルチャーを発信するため、何より自分たちがクールだと思うアートを身につけるために。

 

そんなデウスが20年春夏シーズンにコラボレーションを行うのは、ブルックリンを拠点に活動するヤング・ジャークス。2016年に原宿の店で展示を行ったこともある2人組ユニットだ。フォントアーティストとして、ニューヨークタイムスやエースホテルなどの仕事も手がけてきたダン・カッサロと、独特のタッチが印象的なペインター、ダン・クリストファーソン。2人のダンがそれぞれの得意分野を生かし、カスタムレターリングとイラストレーションで表現するアートピースは、世界中でコアなファンを獲得している。彼らが今回のコラボレーションでデウスのウエアに表現したテーマは「旅の記憶」。“記憶やストーリーが時系列ではなく、不規則な形で頭の中に整理されてしまうことを表現した”という言葉通り、アイテムごとに様々なフォントが採用されたメッセージ性あるタイポグラフィーと、それぞれに異なるタッチで描かれたイラストが秀逸だ。キャップ、ジャケット、Tシャツにパンツまで幅広く展開される本コレクション。豊富なカラーバリエーションも嬉しいところだ。
 
今回のコラボレートについては、以下の映像にてYOUNG JERKSの2人もそのストーリーを語っている。こちらもチェックして欲しい。


 

 
アートを通してカルチャーをわかりやすく表現し、ファッションと繋ぐ。すべては自分たちが情熱を注ぐ素晴らしいカルチャーを1人でも多くの人に知ってもらうため。デウス・エクス・マキナを語る上で、アートは絶対に欠かせない重要なファクターなのだ。
 

All prices are tax excluded.
Jack of all trades co.,ltd. 03-3401-5001

 

DEUS EX MACHINA deuscustoms.com

 

Photo Taijun Hiramoto Edit & Text Satoru Komura

Related article