Loading...

New Era® 59FIFTY®
[TOKYO YAKULT SWALLOWS,YOMIURI GIANTS]

ファッションアイテムや、カルチャーに関連したプロダクトなど、Silverのエディターが今気になるモノを紹介する連載企画「Editor's Eye」。

New Era® 59FIFTY®
[TOKYO YAKULT SWALLOWS,YOMIURI GIANTS]

ファッションアイテムや、カルチャーに関連したプロダクトなど、Silverのエディターが今気になるモノを紹介する連載企画「Editor's Eye」。

Cap ¥6050 Cap ¥6050 Cap ¥6050 Cap ¥6600 by New Era®
TOKYOカラーとともに生きる

東京生まれでもHIPHOP育ちでもなく、片田舎の野球好きだった僕が、最初に東京を意識したのはジャイアンツとスワローズだったと思う。王道の老舗ジャイアンツとフレッシュでクールなスワローズ。黒とオレンジ、青と赤のカラーリングとロゴからそんな空気を感じ取っていたし、90年代は両者の対決に心躍らせていた。そして高校生になり、HIPHOPにハマり、ニューエラのキャップで街をレペゼンするラッパーたちの姿に魅せられ、僕は今まで以上にキャップを被るようになっていった。ニューヨークにとってのヤンキースとメッツは、東京にとっての巨人とヤクルト。今回、東京をテーマに特集する上で思い出したのは、身につけるアイテムでローカルを表現するというストリートのマインド。これはキャップに限った話ではなく、生き方の話でもある。街のカラーを持って共に生きるって素敵なことだろう。ちなみに僕は昔からのヤクルトファン。またYSロゴのキャップを被り、神宮で思いきり騒げる日を心待ちにしている。踊るならもちろん“東京”音頭で。
 
 
 

Photo Taijun Hiramoto Text Satoru Komura

 

Related article