Loading...

Natural Wine with 8 Creators

デイリーに楽しめて
美味しい
スタイルのある
ワインの魅力

無農薬、酸化防止剤を極力使わない、できるだけ自然に作られたナチュラルワイン。ヴァンナチュール、自然派ワインなどとも呼ばれるその飲み物が、今、世界的に感度の高いファッション、カルチャー好きを魅了している。楽しく、美味しく、背景の文化的ユニークさを持ったナチュラルワインは、日々の中にある上質なお洒落を探る今回の企画“Daily Chic”に相性の良い新しいカルチャーだ。知れば知るほど奥深いナチュラルワインの魅力をここで紐解く。
 

Natural Wine with 8 Creators

デイリーに楽しめて
美味しい
スタイルのある
ワインの魅力

無農薬、酸化防止剤を極力使わない、できるだけ自然に作られたナチュラルワイン。ヴァンナチュール、自然派ワインなどとも呼ばれるその飲み物が、今、世界的に感度の高いファッション、カルチャー好きを魅了している。楽しく、美味しく、背景の文化的ユニークさを持ったナチュラルワインは、日々の中にある上質なお洒落を探る今回の企画“Daily Chic”に相性の良い新しいカルチャーだ。知れば知るほど奥深いナチュラルワインの魅力をここで紐解く。
 

クリエイターを虜にする
ナチュラルワイン

好きなワインが見つかったとき、「味はどうだったか?このエチケット(ラベル)はどういうカルチャーを映しているのか?」など、その感動を友人と共有することも楽しみの一つ。レコード屋で掘り出した名盤・珍盤を早く誰かに教えたい気持ちに近いのかもしれない。ここからは、日頃から多くのナチュラルワインを楽しんでいる8人のクリエイターにお気に入りの一本を紹介してもらう。彼らの話を参考にしつつ、自分なりのナチュラルワインとの付き合い方を探ってほしい。
 
 

Selected by
南貴之 (Creative Director)
Les Cailloux du Paradis / Racines


 
「スタイリストの一ツ山佳子さんにナチュラルワインバーに連れて行ってもらったことがきっかけで飲み始めました。作り方や定義が独特だったり、エチケットが魅力的なことに惹かれています。インディペンデントなところがかっこいいですね。今回紹介するお気に入りの一本は、フランスで熱狂的な信奉者を多くもつクルトワ夫妻が作っているラシーヌの赤ワインです。赤ワインはそこまで好きではなかったのですが、友人からの勧めで飲んだこの一本に衝撃を受けて、赤ワインに対する概念が変わりましたね。そうやってナチュラルワインに詳しい友人と音楽を聴きながら、ワインに関するさまざまな話をして盛り上がる時間がとても心地いいです」。
 
 
南貴之
クリエイティブディレクターとして活躍。グラフペーパーやヒビヤセントラルマーケットのディレクションも行う。本誌連載企画の「ART & CRAFTS」では、工芸の可能性を広げる作品を紹介している。
 
 
 

Photo Tomoaki Shimoyama Interview & Text Takayasu Yamada

 

Related article