Loading...

LIFE with GOOD DESIGN BRAND MYKITA

LIFE with GOOD DESIGN BRAND MYKITA

毎シーズン展開されるメゾン マルジェラとのコラボレーション。従来のマイキータにはなかった色使い、デザインが印象的だ。
L to R Eyewear ¥68040 Eyewear ¥68040
by MYKITA + Maison Margiela (MYKITA JAPAN)

Visual & Collaboration
よいクリエイティブパートナーがデザインを進化させる

よいデザインが視覚的に美しいものであることは言うまでもないことだが、よいデザインのプロダクトを広告やキャンペーンなどで外部へ展開していくビジュアルも美しいものでなければならない。その仕上がりによって、プロダクトのイメージが決まってくるからだ。確かなイメージを形成することもプロダクトデザインにおいて必要不可欠であると言えるだろう。

マイキータではキャンペーンビジュアルには毎シーズン、マーク・ボスウィックを起用している。マーク・ボスウィックといえば、NYを拠点に90年代より活動するフォトグラファー。植物や落書きなどアートな要素をMIXし、ファッション写真の概念を打ち破り、メゾン マルタン マルジェラとコラボレーションで写真集も出版した人物である。また、アーティスト、詩人、ミュージシャン、料理人としても活躍する自由なクリエイターとしても知られている。そんなファッションの常識を変えたフォトグラファーとアイウエアの常識を打ち破るマイキータが共鳴するのは必然だった。彼が撮影するマイキータのビジュアルは、メイクもスタイリングもあまり行わず、美しい自然光の中で撮影されたナチュラルでポジティブなポートレートが中心。人種、国籍、年齢、性別も様々なモデルが楽しそうにマイキータのアイウエアをかけているその写真は、シンプルだがモダン、それでいて着用する人を選ばない多様性、そんなマイキータの世界観がストレートに表現されている。また、マークを起用し続けるその姿勢からは、日々変化していく世界の中で“一貫性があることはポジティブである”というブランドのデザイン哲学も垣間見ることができるだろう。

また、その高いデザイン性によりファッションシーンからも高い注目を集めるマイキータは、ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っていることでも知られている。コラボ相手のパートナーたちから今までにないアイディアやインスピレーションを獲得することが、ブランドを進化させるとマイキータは知っているからだ。これまでの多数のコラボの中でも特にベルンハルト ウィルヘルムとのコラボモデルは、映画「Sex and the City 2」の劇中でも使用され、マイキータの名を広めるとともに商業的にも大成功を収めた。また、2013年から行われているメゾン マルジェラとのタッグも忘れてはならない。「伝統的な型の再解釈、構造に関しての急進的な実験と、ルールに従わない素材への革新的なアプローチ」という点において共通点を見出した両者のコラボでは、これまでにない近未来的なモデルも多数作られ、新たな世界観を開拓した。他にもアンブッシュやダミール ドーマ、マーティン ローズなど、先鋭的でクリエイティブなブランドとともにプロダクトを制作し、新たな表現を行なっている。アイウエア業界の垣根を超えた部分にも注目し、さまざまなクリエイティブパートナーと化学反応をおこしながら、進化を続けるマイキータ。その幅広い視野がまた新たなグッドデザインを生むのである。


マーク・ボスウィックが撮影した2018年の新作キャンペーンビジュアル。スペイン・マドリードをロケ地とした今回のビジュアルは、カラフルな壁を背景にした温かみに溢れたスタイリッシュな写真が見るものを惹きつける。

Related article