Loading...

Life with Eyewear
miu Model

メガネをかけると
日々の景色が変わり出す

メガネが似合う人は素敵だ。人としての余裕が感じられたり、レンズの向こうにある瞳はとても魅力的に映る。自分に合うメガネをかけている人は、誰よりも自分自身のことをわかっているのだろう。だからこそその一本は肉体の一部となり、その人のスタイルとなる。そんなメガネのレンズから見える日常は、いつも以上に楽しく、輝いているに違いない。顔の一部と言われるメガネだからこそ、自分にとって特別な一本を選び、毎日を共にしたい。

Life with Eyewear
miu Model

メガネをかけると
日々の景色が変わり出す

メガネが似合う人は素敵だ。人としての余裕が感じられたり、レンズの向こうにある瞳はとても魅力的に映る。自分に合うメガネをかけている人は、誰よりも自分自身のことをわかっているのだろう。だからこそその一本は肉体の一部となり、その人のスタイルとなる。そんなメガネのレンズから見える日常は、いつも以上に楽しく、輝いているに違いない。顔の一部と言われるメガネだからこそ、自分にとって特別な一本を選び、毎日を共にしたい。

Mykita
マイキータが誇るスパイラルヒンジの技術によって、繊細かつ頑丈なフレームが実現されている。リムレスのツーポイントが落ち着いた雰囲気を演出し、歳を取るほど自分に馴染むことが期待できるメガネとなっている。
10年後も使っていたいメガネ
miu

「このメガネは、おばあちゃんになっても長く使っていたいと思って選んだフレームです。実は、今の年齢にこのデザインは背伸びをしてると思っていて。でも日常的に使うことを考えると、10年後も使っていたいし、より自分に馴染むだろうって期待していて。メガネも服も、自分の体に馴染むことで完成するというか。そういう理由で長く使えそうなものを選んで買っています。このメガネは自宅ではもちろんですし、冠婚葬祭の場にも使えます。そうやって生活の一部としてメガネを捉えることが自分には合っていて。調光レンズなので、光に合わせてレンズの色も変わるんです。だから外で自転車を漕いでいる時や、薄暗い室内にいる時でも一日中かけていられて。メガネをかけていること自体がすごく自然になるんです。そうやって日々自分に馴染んでくる感じがして好きなんです」。
 
 
miu
モデルとして活躍し、東京のストリートカルチャーシーンからも支持を得る。これまでも日常的に様々なメガネを愛用し、それらを用いたファッションスタイルも見逃せない。
 
 
 

Photo Asuka Ito Interview & Text Yutaro Okamoto

 

Related article