Loading...
  • EN
  • JP

Legaspi by Rick Owens

Rick Owens Photographed By Danielle Levitt

Legaspi by Rick Owens

Rick Owens Photographed By Danielle Levitt

アートやミュージック、ファッションを中心とした書籍を手掛けるニューヨーク発の名門出版社『Rizzoli International Publications Inc.(リッゾーリ インターナショナル パブリケーション社)』から、無尽のクリエイティビティを発揮し続けるファッションデザイナーRick Owens(リック・オウエンス)に関するビジュアルブックが2冊同時で9月3日に発売された。

 

1冊目となる『LEGASPI(レガスピ)』は、Rick Owens 2019AWコレクションのインスピレーション源ともなった1970年代の伝説的デザイナーLarry Legaspi(ラリー・レガスピ)の謎に満ちた人生や作品を紐解いていく内容。レガスピは、KISSやLaBelle、George Clinton、Divineといった当時のアイコン的ミュージシャンのルックを制作・提供していた。シルバーとブラックのレザーを基調とした時代を先取る未来宇宙的ルックから、後代まで影響を与えるファッション界の重要人物だ。その功績とは相反して、自身の名や素性が広く知られることのないまま2001年にエイズで死去したレガスピ。そんな彼の影響を少年期から受けて育ったというリック本人が、本作の編集や撮影をディレクションしている。今まで語られることのなかったレガスピの生涯や、未発表作品も含めたアーカイブをダイナミックにキュレーションした構成となっており、「編集を通し、ラリーの作品に、私が信じるデザイナーとしてのラリー像、そして私が自ら“こうなりたい”と願ったデザイナー像を浮かび上がらせたのです」というリックのコメントからも、レガスピだけでなくリック自身の新たな一面を垣間見ることができる骨太な一冊となっていることが伺える。

 
 
2冊目の『RICK OWENS PHOTOGRAPHED BY DANIELLE LEVITT』は、発表されるたびに世間に衝撃と革新をもたらすリック・オウエンスのコレクションを、過去10年に渡って写真に収め続けてきた実力派フォトグラファー・Danielle Levitt(ダニエル・レヴィット)によって、美しくも力強くまとめられた写真集。1994年のブランド創立以来、挑発的かつ反逆的なスタイルや服作りを貫き続けるリック・オウエンス。至極のテイラリングや鬱屈としたカラーリング、代名詞ともいえるレイヤードスタイルによって揺ぎ無い無二のブランドとなり、ファッション界を牽引し続けている。今もなお世界中のファンを魅了して止まず、ある種のカルト的現象を巻き起こしている。そんなリックのエッジ―で強烈な独創性に、恐れることなくシャッターを切り続けるダニエル。「ダニエルの写真には、私が“こうありたい”、“こうあるべきだ”と考える、誠実さと優しさがある」、とリックは彼を評しているほどだ。フォトグラファーとしての審美眼だけでなく、リック本人との長年の関係性による距離感や信頼が可能とするアイコニックな写真の多さには、本作を通じて改めて驚かされるだろう。そこには、新たなテクノロジー開発に挑み続けると同時に、伝統的なアプローチに敬意を払うことも忘れないデザイナーとしての柔軟さがあり、リック・オウエンスという1人のデザイナーの体温をも感じられる仕上がりとなっている。
 


 
 
今回発売した2冊の本に関して、リック・オウエンス本人からもらったコメントを掲載する。
 


「今回、同時に2冊の本を出したのは偶然でした。これまで世間に知られていないLegaspiを紹介したい思いで、私がLegaspiの本を出したいとリッゾーリに提案したところ、リッゾーリからはダニエル・レヴィッドで本を出したいと提案されたのです。Legaspiの魅力は、当時のゲイシーンに特化した『キャンプ(=誇張されたファッション表現)』の美意識をブラックソウルカルチャーや男性ホルモンがたくさん駆け巡っていたヘヴィ・メタルに当てはめた第一人者でした。当時13歳だった私は、そのイメージを見て無限な可能性を感じ、自由を感じることができました。それは威嚇的で暴れ狂う精力をグラマーで包み込んだようなイメージであり、この本は当時の自分の目線で語っています。また、当時交わることが不可能と思われていた文化同士のコネクションとエイズという病に犯されて亡くなる前に、一瞬の輝きを放った偉大なデザイナーのストーリーでもあります。Legaspiが今のファッションシーンに与えた影響は、両立することが難しいような要素を融合させて表現をするという手法を導入したのかもしれません。彼の場合は、SEXとアール・デコと宇宙への旅という要素を使っていました」。


 
リック・オウエンスは、服以外のプロダクトも同じ価値観で製作をする。それはこの本にしても同じ。「表現するときに大切にしているのは、ロジックな部分と叙情的な部分のバランスです」。そう話すリックの本をこの機会に手に取り、類稀なるクリエイティビティを感じとりたい。
 
 
 

© Legaspi by Rick Owens, Rizzoli New York, 2019
With Contributions by Valerie Legaspi, Paul Stanley, Patti Labelle, Juan Fernández, Pat Cleveland, and André Leon Talley
ハードカバー / 12 x 12インチ / 144ページ/ カラー写真120点
¥8,500+tax / ISBN: 978-0-8478-6706-6
 
© Rick Owens Photographed by Danielle Levitt by Rick Owens, Rizzoli New York, 2019
Photography by Danielle Levitt
ジャケット付きハードカバー/10 x 13インチ/200ページ/カラーおよび白黒写真150点
¥6,000+tax / ISBN: 978-0-8478-6622-9
 
*価格に関しては各店舗によって多少前後する可能性がございます。
Rizzoli New York /
取扱店舗:RICK OWENS TOKYO、全国の輸入書籍取扱店舗
www.rizzoliusa.com

Related article