Loading...

hiphop legacy CARHARTT WIP

hiphop legacy CARHARTT WIP

ACRYLIC WATCH HAT ¥2052 by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo)

 
 

ACRYLIC WATCH HAT × NAS

労働者のためのワークウエアブランドとしてはじまり、長く愛され続けるタフでリーズナブルなカーハートのウエアは、労働者階級からHIPHOPカルチャーと自然とリンクし、特にHIPHOP黄金期と呼ばれる90年代、数多くのアーティストに愛された。カーハートのアイテムは90’s HIPHOPの象徴として、広く知られている。そんなHIPHOPを感じさせるアイテムの筆頭格がこのシンプルなロゴビーニー。特に有名な愛用者はNASだ。自身が体験してきたギャングスタライフを文学的に語り、90年代当時異彩を放ったクイーンズ発の稀代のリリシストは、ライブやジャケット写真など、様々な場面でこのアイテムを愛用していた。浅めに少し斜めに被るのがNAS流儀。その個性あふれるスタイルは多くのフォロワーを生み、当時のHIPHOPスタイルの定番となった。

SINGLE KNEE PANT ¥17280 by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo)

 
 

SINGLE KNEE PANT × WU-TANG CLAN

サイズ感大きめは90’s HIPHOPな着こなしの基本であるが、このカーゴパンツ仕様の1本は、まさにそのスタイルを体現するアイテム。そしてそんなファットシルエットなボトムスを履きこなしていた一例がWU-TANG CLANだ。レジェンドHIPHOPグループも1992年結成当初はストリートの悪ガキ集団であり、ハードな生活の中にあっても長く愛用できる堅牢なウエアを着用していた。そこで彼らが注目したのがカーハート。本作は当時のシルエットを源流にCarhartt WIPの洗練された解釈が入ることで、現代にマッチするデザインとなっている。ヴィンテージ感ある仕上げも本格的。90’sのNYストリートを思い浮かべながら取り入れるのも、また一興だろう。

CLASSIC VEST ¥19440 by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo)

 
 

CLASSIC VEST × THE NOTORIOUS B.I.G.

90’sと聞いて、特にHIPHOPに詳しくない人間でも知っているMCが2PACとTHENOTORIOUSB.I.G.なわけだが、偉大なる我々のビギーはTシャツにこのカーハート定番のベストを合わせていた(ちなみに当時、2PACもデニムパンツなど様々なカーハートのアイテムを愛用していた!)。同ブランドのアイコニックなタフなオリジナルダック地の1着は、大柄なビギーが前開きで羽織ると、質実剛健な雰囲気がより一層漂ってくる。本作は当時の風合いを残しつつ、細部のディテールを現代流にリファインした1作。裏地はキルティングになっており重厚感もたっぷり。90年代黄金期のキングが愛したベストは、HIPHOPカルチャーを宿すトップスと言っても過言ではない。

MICHIGAN CHORE COAT ¥21600 by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo)

 
 

MICHIGAN CHORE COAT × EAZY-E

カリフォルニアのコンプトン発、HIPHOP界のOGと言えば、そう、N.W.Aだ。リアルタイム世代でなくとも、映画「Straight Outta Compton」を観て、同タイトルである1988年発表のアルバムを聴けば、その存在の大きさを知るところだろう。そんな同グループのリーダー、EAZY-E=”ギャングスタ・ラップのゴッドファーザー”のユニフォームはカーハートのデニム地で作られたオーバーオール
やジャケットであった。頭にはローカルレペゼンのベースボールキャップ。当時のEAZY-Eがしていた格好を見ると囚人よろしくな厳ついスタイルであったが、現代流にアップデートされた本作は、そのマインドを根底に置きつつインテリジェンスな雰囲気も感じさせる。

CAR-LUX HOODED JACKET ¥21600 by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo)

 
 

HOODED JACKET × METHOD MAN

WU-TANG CLAN内最年少MCの1人であり、1994年にグループ内でいち早くソロ作をリリースしたMETHOD MAN。音楽だけでなく俳優としての活動も有名で、メンバーの中でもっともビジネスにも成功した印象がある。そしてMETHOD MANの数多くの映像で印象的なのがZIPパーカを着用しているファッションではないだろうか。ネットフリックスのオリジナルドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」にもフーディで出演、劇中ではカーハートのフーディを交換する場面も描かれている。そんなMETHを虜にしたアイテムの進化形がこちら。定番生地の1つであるCar-Luxを使用した柔らかな触り心地が特徴的な1着は、HIPHOPファンだけでなく、幅広い人にオススメしたい。

Carhartt WIP × UDG SLINGBAG [editor in chief’s own] by Carhartt WIP (Carhartt WIP Store Tokyo) Carhartt WIP Store Tokyo 03-3402-9810

 
 

Carhartt WIP × UDG
SLING BAG × DJ

本企画の最後にご紹介したいのが、Carhartt WIPとUDGがコラボしたレコードバッグ。これまでにデザインを変えつつ何度もリリースされているが、毎回即完売となっている。言わずもがなDJに向けて製作されたもので、レコードは55枚まで収納可能。左右には24枚のCDを収納できるCDウォレットもあり。フロントには15inchのラップトップを収納できるコンパートメントが用意されており、PC使いのDJやトラックメイカーも安心。内部には機材を保護するための緩衝材が施されているので、カメラバッグとして使用しているフォトグラファーも多いようだ。もちろん旅行バッグとしても活躍する。人々のライフスタイルに合わせて機能する本作はまさしくカーハートらしい。そして何より、ブランドに宿ったHIPHOPカルチャーを感じさせるプロダクトだろう。

 
 

Carhartt WIP Store Tokyo 03-3402-9810

 
 
 

Photo Taijun Hiramoto Illustration Takuya Kamioka Text & Edit Ryo Tajima

Related article