Loading...
  • EN
  • JP

Interview with
 Hender Scheme 
about LIFE with GOOD DESIGN

デザインされたプロダクト、というのを具体的に形にしているブランドを考えたときに、真っ先に思い浮かんだのがエンダースキーマだ。そのプロダクトを連想すると、レザー、手工業、職人、個性、そういったキーワードが脳裏に浮かぶ。2010年のブランドスタートから、現代では世界中で愛されるグッドデザインについて、デザイナー、柏崎亮氏のインタビューと共に掘り下げていきたい。

Interview with
 Hender Scheme 
about LIFE with GOOD DESIGN

デザインされたプロダクト、というのを具体的に形にしているブランドを考えたときに、真っ先に思い浮かんだのがエンダースキーマだ。そのプロダクトを連想すると、レザー、手工業、職人、個性、そういったキーワードが脳裏に浮かぶ。2010年のブランドスタートから、現代では世界中で愛されるグッドデザインについて、デザイナー、柏崎亮氏のインタビューと共に掘り下げていきたい。

 


完成品はプロダクトを人が使うことで出来上がる

情景が思い浮かぶようなプレゼンテーションとして

ーエンダースキーマが提唱する”ジェンダースキーマを超越した概念”について。また、ブランドの根幹について。改めて教えてください。

「大学では心理学科だったので、そこでジェンダー論とかを少し勉強していたこともあって、デザインにおける性差にはもともと興味がありました。いわゆるフィジカル面での性差ではなくて、ソーシャルな意味での性差に対して、ですね。そこに関して境界を設けずに物を作りたいなというのがブランド名に繋がっていきました。デザインによってメンズ、レディースで分けないことを軸にしていますが、フィジカルな部分については木型を少し変えています。外形的性差については尊重しているスタンスを取っていて、それが、ブランドのコンセプトとして主軸になる部分になります。それともうひと軸、プロダクトが出来上がっていく過程であったり、プロダクトそのものだけではなく、そこにまつわる外的な要因にも踏み込んで物を作っていきたいと考えて、浅草で作っています。プロダクトそのものが完成品ではなくて、人が使っていくことで完成していくということをステートメントにしています」。

 

ーエンダースキーマのスタート以前からブランドをやりたいという気持ちがありましたか?

「そういう気持ちが前提にあったわけではなく、ブランドは目的ではなくて手段であって、ブランドを通して何を伝えていくか、何を表現するか、どのようにブランドで営んでいくかということが重要だと思っています。なので、今、物を作るためにブランドをやっているという感じですね。物を人に届けたりするためにブランドが必要で、それがエンダースキーマになっていると考えています」。

 

ーエンダースキーマのプロダクトはレザー素材が特徴的ですが、革をチョイスした理由は?

「僕が最初に靴の工場に勤めていたことがキッカケです。それまでは漠然と何か物を作りたいと考えていたんですが、それが靴であったり服であったり、という具体的なことは思っていなかったですね。単純にそのスタートが革を使った靴だったということです」。

 

ーmip(manual industrial products)としてレザーで既存のスニーカーの形を表現されるのは何故ですか?

「物だけではなくて、そこに携わる人が、情景として思い浮かぶようなプレゼンテーションをしたいと考えたときに、既存の物をフックにして、それを違う方向に作り変えるということを、頭の中で対比させたら、その背景をみんなが思い浮かべるんじゃないか、と考えたのがキッカケです。スニーカーは新品がベストだという文化があると思うのですが、その逆をフックとして表現したりとか。使い捨てである物なのに、修理して履けたり、経年劣化ではなく、変化することで、スニーカーの形の靴が良くなっていく、という既存の物にはない要素を入れて形にしています」。

manual industrial products 20 ¥69120

manual industrial products 19 ¥60480 by Hender Scheme (sukima Kappabashi)

 

物作りへの責任感を持ち 新しい選択肢を置くこと

ー2015年以降はパリで展示会を開催したり、海外での活躍も凄まじいと感じます。

「最初は海外のWEBマガジンや雑誌を介して徐々に認知されていったんだと思います。僕らのスタンスとして海外に出るために何かを変えたこともありませんし、だんだんストックリストが増えていきました。最初にパリで展示会を行う前に20軒くらいの取引先があったので、そこに対してフルコレクション、実物を見てもらいたいというのが、当時1番の目的でした。当初はmipのバイイングが1番多かったのですが、他のプロダクトもあるので、1つのコレクションとして見てもらうためにパリに行ったというか」。

 

ーシーズンテーマがコレクション毎につきますが、プロダクトを製作するうえで、どのタイミングで付けられるんですか?

「これは具体的なものではなくて、ブランドとしての態度を表現するのに適したワードを選んでいるので、それほどプロダクトに影響していません。1つのコレクションをすごく抽象的にぼかしたうえで、人に伝えるために付けるワードですね」。

 

ー柏崎さんにとって物作りとはどういうことですか?

「資源を使って何かを作る。しかも、それを買ってくれる人がいるわけなので責任がありますね。その責任をまっとうしながら、僕らなりの新しい選択肢を、押し付けるのではなく置いておく、ということだと思います。それを欲しいと感じてくれる人が手にしてくれたら嬉しいです」。

 

ー今後、やってみたいことや作りたいと思うのはどんな物ですか?

「粛々と、今やっている物作りを続けていきながら、職人も工場も僕らも営んでいく。具体的な目標があるわけではなく、今やっていることを継続させていくことなのかな、と。その中で自由に表現できたら1番良いんだと考えています」。

Related article