Loading...
  • EN
  • JP

G-SHOCK

G-SHOCK

GMW-B5000D-1JF ¥64800 by G-SHOCK(CASIO)
 
尾花 大輔
ファッションブランド“N.HOOLYWOOD”のデザイナー。古着屋でバイヤーなどを経験したのち、2001年からブランドを開始。NYでのコレクション発表を続けるなど日本のファッション界を牽引する人物。
Daisuke Obana
GMW-B5000D-1JF
ブレスレット感覚で着用でき
タフに実務を共にこなす相棒

尾花大輔は、自身がデザイナーを務めるブランド、N.ハリウッドでこれまでにG-SHOCKと5度に渡るコラボレーションをおこなってきた人物だ。 尾花自身、 G-SHOCKのほかにも数多くの腕時計を所有しているが、腕元にG-SHOCKを選ぶ時、それは実務的でハードな予定の日が多いと話す。「NYコレクションでの準備中だったり、 海外でタフに活動するときは絶対付けていますね。休みの日で、子どもと遊ぶ日も。あと、 僕は自他共に認める温泉好きなんですが、温度を測れるインラインのハイスペックなG-SHOCKを使ったりします。温度計でも泉質がハードなところだと壊れたりするのに、 何度使っても壊れない。いくら実用的でもお洒落じゃなかったら嫌ですし、ほかのデジタル時計だと『なぜその時計を付けているのか?』と人から質問されたりするんですが、G-SHOCKの場合はそうならない。この自然な立ち位置になるのって本当に大変なことですよね」。 これまでにN.ハリウッドでコラボレーションしてきたモデルも含め、尾花にとってG-SHOCKのベルト部分はラバー派。このフルメタルシリーズは、ステンレスベルトなのに対してこう言う。「金属のブレスの場合は、 ピタッと適したサイズ感よりも少し緩めにして、ブレスレット的に着けた方が色気があって好きです。ファッションスタイル的な話をすると、腕元に何も着けない格好良さもあると思いますが、腕時計を身に着けることでアクセントになる。昔から、男の服装って時計と靴のウェイトってでかいというか。このシルバーモデルは、洒落っぽくブレスレット感覚で機能を身に着けられるのが良いと思います」。

GMW-B5000GD-1JF ¥64800 by G-SHOCK (CASIO)

 
 
 

CASIO 03-5334-4869 g-shock.jp

 
 
 

Photo Takao Iwasawa Edit&Text Takayasu Yamada

Related article