Loading...
  • EN
  • JP

G-SHOCK

G-SHOCK

GMW-B5000V-1JR ¥118800 by G-SHOCK (CASIO)
mabanua
GMW-B5000GD-1JF
奇をてらわずに進化し続ける
パイオニア的存在への憧れ

2010年代邦楽シーンのトレンドを作り上げたクリエイターの 1 人と称されるmabanua (マバヌア)。そんなマバヌアも、これまで最も身につけた腕時計はG-SHOCKだという。 その背景を紐解くと、マバヌアの目指す音楽家とG-SHOCKのブランドの立ち位置が適合していることがわかった。「トラックメー カーで僕が尊敬しているstarRo(スターロ) さんがよく言っている言葉があって、『音楽の世界で生き残るためには、“ジャンルのパイオニアになるか個性の塊になるか”のどっちかしかない』と。ジャンルが始まった時点でもうパイオニアにはなれないので、パイオニアを除くと、もう自分の個性で勝負していくしかないんです。そういう点でG-SHOCKはパイオニアだと思うんです。音楽で食べていきたいと思って、流行りを意識し曲を作るよりも、音楽をただ楽しんで試行錯誤していたら、気づくと食べられるようになっていた人の方が多い。G-SHOCKも、形は変えずに奇をてらったことをせずに進化し続けている。それってもうトレンドも関係がない次元で、自分との戦いをしているんですよね。自分としても、そういう存在に憧れています」。 マバヌアがライフワークの中で腕時計が必要になる瞬間について。「実はそんなに時間自体を見ていることはあまりないのかもしれません。腕時計を身に付けている感覚の方が自分の中では大事で、腕時計を身に着けることでオフからオンになる。僕にとって楽器を持てば、音楽に向かうモードになる。仕事に向かうモードにするのは、家から出るときの腕時計を着ける瞬間だったりします」。

mabanua
ドラマー、シンガー、CMなどの劇伴も手がけ、サウンド プロデュースでは、昨今の邦楽シーンを牽引する名だたるアーティストを数多く手がける。6月14日にニューシングル「Call on Me feat. Chara(Knxwledge Remix)」をデジタルリリースした。

Related article