Loading...
  • EN
  • JP

G-SHOCK

G-SHOCK

クリエイティブの傍にある腕時計

GMW-B5000V-1JR ¥118800 by G-SHOCK(CASIO)
Kosuke Kawamura
GMW-B5000V-1JR
腕時計についた小傷も味になる
ハードに使えるお守り的な存在

コラージュアーティスト、グラフィックデザイナー、アートディレクターなど様々な顔を持つ河村康輔。国内外を飛び回りクリエイティブを行う河村の腕元には、G-SHOCKが必要だと本人はいう。

 

「イベントなどでライブペインティングをする機会が結構あって。そういう時は、バンドが演奏している1時間で1つの作品を完成させる。ということをしたりするのですが、腕時計がないと本当に致命的なんです。僕の場合は大量の紙を使うので、机の上が散らかることが多いのですが、そういう時に、スマートフォンだと時間を確認しようにも見つからなくなることが多くて、時間配分を考えるのに腕時計が必要なんです。また、最近だと海外出張が増えてから特に腕時計の必要性を感じています。最近のG-SHOCKは、特に設定しなくてもワールドタイムの機能で時間の調整もできて便利ですし、過密スケジュールで慣れない環境だといつもよりも時間を気にする事が増えますから。スマートフォンで時間を確認することも出来るのですが、海外だと万が一バッテリーが切れることもあります。 そういう時でも腕時計があれば時間はわかるので、お守り的な存在で身につけています」。 旅先で使わなければ、カバンの中に投げ込んでおいても平気な堅牢性の高さもG-SHOCKならではの魅力だと河村は話す。「服だったり身に着ける物が汚れたりするのはすごく嫌ですよね。僕もそういうタイプですが、デニムに関しては汚れても気にならない。G-SHOCKもそうで、ほかの腕時計だと気になると思うんですがG-SHOCKは小傷がついてなんぼ。 味になる。デニムのように使える腕時計という立ち位置がすごいと思います」

河村 康輔
大友克洋と漫画“AKIRA”を使用した、渋谷PARCOのアートウォール企画“AD 2019”でのコラージュ作品のほか、様々なファッションブランドや広告にアートワークを提供するクリエイター。

Related article