Loading...

Essential Wear

毎日を共に過ごすならストーリーある定番品を

それは本当に長く愛せるものなのか?そこに確かなストーリーや着る意味はあるのか?毎日を共にするアイテムは、そんな自分にとって語れる“何か”があるものを選びたい。そしてごまかしの効かないベーシックなアイテムこそ、より一層その価値観を大切にしたい。着る人のスタイル、洒落心や品位は、そんな芯のあるアイテム選びの視点によって垣間見えてくるはずだから。ここではスタイルのベーシックであると考える6つのカテゴリー別にアイテムをピックアップした。あなたの日常のパートナーになり得るアイテム選びのヒントを探ってみてほしい。


Essential Wear

毎日を共に過ごすならストーリーある定番品を

それは本当に長く愛せるものなのか?そこに確かなストーリーや着る意味はあるのか?毎日を共にするアイテムは、そんな自分にとって語れる“何か”があるものを選びたい。そしてごまかしの効かないベーシックなアイテムこそ、より一層その価値観を大切にしたい。着る人のスタイル、洒落心や品位は、そんな芯のあるアイテム選びの視点によって垣間見えてくるはずだから。ここではスタイルのベーシックであると考える6つのカテゴリー別にアイテムをピックアップした。あなたの日常のパートナーになり得るアイテム選びのヒントを探ってみてほしい。


DENIM
穿く程に肌に馴染む日常の相棒的存在

 
長く身につけていればいるほど持ち主の体に馴染んでいき、アタリなどその人にしか出せない特異な表情を見せてくれるデニムパンツ。お気に入りのデニムを日々大切に着用し、自分だけのデニムに育てている時間はとても豊かなもの。シルエットや生地の厚みなど自分にとって最良のアイテムを見つけることができれば、それは間違いなく人生において最高の相棒となるだろう。
 
 

HERMÈS

職人の緻密なものづくりによって生み出されるエルメスの洋服、革製品や日用品。非の打ちどころの無い上質なプロダクトは、所持する者の気分を彩ってくれる。一見シンプルながらも細かなディテールにセンスを感じるデニムをご紹介。綿100%の柔らかな風合いの生地を深いインディゴカラーで丁寧に染め上げた1本は、日常のどんなシーンにも上品さを付け加えてくれる。セルビッジ部分にブランドを象徴するようなカラーのオレンジの糸が使われているのも洒落ている。

Jeans ¥113000 by HERMÈS

 
 
 

JIL SANDER+

デニムといえば、日本の岡山。世界的にもそういった認識は強くなってきた。ジルサンダー+で定番としてリリースされているデニムも、実は岡山県で製造されたもの。あえてウォッシュをかけずに製作することで特異なハリと頑丈な素材感がを生み出し、厚手でがっしりとした生地は穿くほど使用者に馴染んでいく。ストレートかつ上品なシルエットに加え、デニムを育てることも楽しめる本作は、日々の最良のパートナーになることは間違いない。

Jeans ¥75000 by JIL SANDER+ BY LUCIE AND LUKE MEIER (JIL SANDER JAPAN)

 
 
 

LEMAIRE

実生活に根ざしたクリーンでミニマルなデザインを追求した服づくりを展開するルメール。コンセプトにデイリーシックを掲げる本ブランドの1本は、裾に向けて緩やかにテーパードされた構築的なシルエットと、センタープリーツのディテールがさりげない上品さを演出。デニム特有の武骨な印象が軽やかに中和され、まるでスラックスのようにも着用できる。端正なシルエットは日々のコーディネートに洗練された洒落感をもたらしてくれる。

Jeans ¥ 46400 by LEMAIRE (SKWAT/LEMAIRE)

 
 
 

Supreme

90年代には太いパンツばかり愛されていたスケートシーンも、アンドリュー·レイノルズやディラン·リーダーの台頭によって、今では細身のシルエットであったり様々なファッションで滑る人が多くなった。シュプリームから毎シーズンリリースされる様々なシルエットのデニムの中でも注目したいのは、ストーンウォッシュをかけた淡いブルーが味のある、今や定番品となったスリムシルエットのモデル。こうしたブランドをサポートする人々の服装の変化に伴いシルエットも多様化していく事に、ブランドが人々の日常に寄り添ってきた歴史を感じることができる。

Jeans ¥24000 by Supreme

 
 
 

OUTDOOR
日常をちょっと良くする自然で活きる機能性

 
自然の中をより身軽で快適に活動するためのアウトドアプロダクト。多く取り付けられたポケットは鞄の代わりとなり、優れた防水性は傘のように雨風を防いでくれる。様々なシーンを想定した機能性が備わっていることから、身に纏う道具として余計な手荷物を減らしてくれる。だからこそ、今までのデイリーウエアに何か1つでもアウトドアプロダクトをプラスするだけで、日常のふとした瞬間がグッと快適になる。実用的なアイデアが詰まったプロダクトを活用して身軽になることは、新たなデイリーシックスタイルと呼ぶにふさわしい。
 
 

LOEWE

「日常で楽しむファッションと、大自然を生き抜くためのウエアとしての2つの領域をカバーしたい」、というジョナサン・アンダーソンの理念のもと生まれたアイ/ロエベ/ネイチャー。昨今の時代感を見事に反映したロエベのライフスタイルラインだ。今回紹介するジャケットは、出し入れ可能なフードやゴアテックス素材によって高い機能性を備える。一際目を引く鮮やかなカラーリングは、ジョナサンが影響を受けた自然の雄大さが目に浮かびそうでもある。ライフスタイルラインという位置付けが、まさにデイリーシックと呼ぶにふさわしい。

Jacket ¥141000 by LOEWE (LOEWE JAPAN CLIENT SERVICE)

 
 
 

THE NORTH FACE

90年代のニューヨークストリートシーンから火がつき、カルチャーアイコンとして愛され続けるアウトドアブランドのザ・ノース・フェイス。中でも今回紹介するインサレーションベストは、気軽にパーカーやシャツの上からでも羽織りやすく、室内でも気にせず一日中着ていられる。また、スタッフサック付きのため持ち運びもしやすい。ふとした瞬間にカバンから出して羽織れば、ウィットに富んだ日常を過ごすことができるだろう。

Vest ¥22000 by THE NORTH FACE (THE NORTH FACE ALTER)

 
 
 

Norrona

北欧ノルウェーの英雄として知られるヴァイキングを象徴して生まれたアウトドアブランド、ノローナ。迫ってくるような立体感は、あらゆる動きを想定したデザインゆえ。北欧の寒さすら凌ぐ耐久性がありつつも、夏の登山にも使える軽量さやベンチレーションも備わっている。一年中使用できるそのパフォーマンスから、天気を全く気にする必要すらなくなりそうだ。この一着を持って夏の音楽フェスへ行ける日が早く来ることを願っている。

Jacket ¥68000 by NORRØNA (FULLMARKS)

 
 
 

ARC’TERYX

今秋にはジルサンダー+とのコラボレーションも控えるなど、着実に存在感を増しつつあるアークテリクス。アウトドア界の新たな雄として注目されるのは、製品としてのクオリティの高さがあってのことだ。今回紹介するソラノフーディは、スッキリとした見た目とは裏腹に、防風や耐水、透湿性がしっかりと備わっている。立体裁断や起毛を使ったライナーが、高い着心地を実現し、デイリーユースな1枚に仕上げている。

Jacket ¥27000 by ARC’TERYX (ARC’TERYX Call Center/AMER SPORTS JAPAN)

 
 
 

PALACE SKATEBOARDS

イギリス軍独特のDPMのカモ柄をあしらったパレス スケートボードのゴアテックス®フードジャケット。砂漠などで使用されていたデザートカモは、落ち着いたそのベージュのカラーリングが街中でも使いやすい。フードに初めて取り付けられたキャプのバイザーがとても長いのは、雨の日でも傘をあまり差すことのないロンドンでの生活に根ざしたデザイン。「帽子を前後ろ逆に被る人を減らすため」とユーモアたっぷりにパレスが説明することにスケートブランドらしさを感じる。

Jacket ¥45000 by PALACE SKATEBOARDS (PALACE SKATEBOARDS TOKYO)

 
 
 

L.L.Bean

1912年に誕生してから、その姿をほぼ変えることなく愛され続けるビーン・ブーツ。マスターピースであり、アウトドアを象徴する最もクラシックなアイテムの一つである。アメリカのメイン州にて熟練した職人が一足一足を作り込み、後世にも残したい人間味溢れるアイテムだ。ゴムボトムのソールは修理にて張り替えが可能なため、一生を共に歩んでいける安心感がよりアクティブなライフスタイルを実現してくれる。

Boots ¥21000 by L.L.Bean (L.L.Bean Customer Service Center)

 
 
 

Photo Toru Oshima Styling Shuhei Yamazaki Text & Edit Shohei Kawamura Yutaro Okamoto

 

Related article