Loading...

Editor’s Eye WOOLRICH BUFFALO CHECK ITEMS

ファッションアイテムや、カルチャーに関連したプロダクトなど、Silverのエディターが今気になるモノを紹介する連載企画「Editor's Eye」。

Editor’s Eye WOOLRICH BUFFALO CHECK ITEMS

ファッションアイテムや、カルチャーに関連したプロダクトなど、Silverのエディターが今気になるモノを紹介する連載企画「Editor's Eye」。

Shirt ¥23000 Cape ¥13000 by WOOLRICH (WOOLRICH AOYAMA)

 
 

190年の歴史とともに
進化するワークウエア

「ウールリッチのシャツって“これでいい”と思える服。僕にとって“これでいい”って最高の褒め言葉なんです。タフだからいい意味で雑に扱えて、どんな時にもさらりと着られる。そんな服ってありそうでないんです」。縁あってウールリッチの仕事で松浦弥太郎さんに取材をした時、松浦さんはこんな言葉でその魅力を伝えてくれた。その簡潔でわかりやすい表現は、僕を大きく納得させてくれたものだった。1830年創立、今年で190周年を迎えたアメリカ最古のアウトドアブランド。日本でいえば江戸時代から続いているブランドなんてそうはない。そして今もなお愛され続けるこのバッファローチェックを生み出したブランドでもある。開拓時代のアメリカのワーカーを支えたウエアが今もなお展開され続けていることに感動すら覚えるが、近年はレディースラインからケープなどもリリースし、ワークウエアをモダンにアップデートさせている。190年の歴史を背負って進化するウールリッチのプロダクトは、ワークという本号のテーマを語る上では欠かせない。
 
 
 

Text Satoru Komura

Related article