Loading...

ART & CRAFTS
Shippi Work

Lacquer Artist
Born in Osaka 1985. Ichikawa majoredin Urushi-Laquerwork at Kyoto City university of Arts, graudating in 2011. Pursuing the SHIPPI technique that has continued since the Asuka era, she is now active in Kyoto. In October of 2019, her work was also exhibited at the Graphpaper Store in Aoyama.

ART & CRAFTS
Shippi Work

Lacquer Artist
Born in Osaka 1985. Ichikawa majoredin Urushi-Laquerwork at Kyoto City university of Arts, graudating in 2011. Pursuing the SHIPPI technique that has continued since the Asuka era, she is now active in Kyoto. In October of 2019, her work was also exhibited at the Graphpaper Store in Aoyama.

2020 Urushi Leather High 705mm Wide 705mm
YOKO ICHIKAWA
飛鳥時代から続く漆皮をアートへ

アートなのか、工芸なのか?工芸の高い技術を持ちながらも、アートとも言えるアプローチをする日本の若き才能たち。アートとクラフト、この2つの視点を持ちながら活動するアーティストたちにクリエイティブディレクター南の視点は注がれている。今回紹介するのは漆皮アーティストの市川陽子。
 
「これ実は皮なんです。皮に漆を塗っているんですよ。漆皮(しっぴ)という飛鳥時代からある伝統的な技法なんですけど、今はほとんどやっている人がいないんですね。市川さんはその漆皮(しっぴ)という技法を独自の視点と新しい感覚で作品にしているアーティストです。もちろん全部手で作っていて、漆皮をキャンバスに見立てて作品にしてしまうという感覚がすごいですよね。メイン写真のこれは彼女にとってはキャンバスでもあり、テーブルの天板でもあるという作品です。素材は豚の皮なんですけど、漆を塗って、乾かして、また塗っての工程を1ヶ月以上繰り返し完成させるんです。それで面白いのはこの作品は経年変化していくということ。漆そのものはほとんど変化しないんですが、皮がエイジングすることによって漆と融合して不思議な経年変化を起こすんですよね。それで皮で作られているんだっていうことがよりわかるし、やっぱり漆器とも違うんですよね。僕がこれをアートだなと思う理由の一つは自然のものを扱うがゆえに作家が意図しない偶然性があるところ。要は皮自体の表情は彼女が作り出せないわけですよ。でも、どの部分をどこに使って、どう配置して、どんな加工をしてというのはとても職人的なクラフトマンシップなんです。
 
また彼女は豚か牛の皮を使うことが多いんですけど、そこにもテーマがあって、人間が生活する、食べることにおいて食肉加工されて副産物として生まれたものを使うんです。ゴミになってしまうような部分を使うという社会の循環、サスティナビリティ的なマインドもあって深いですよね。ファッションアイテムで使われる皮は傷がついていたら使えないけれど、彼女は傷や端くれもあえて、そのまま活かして作品にする。そうすることによって皮が生き物だってことがわかるし、その計算的ではない自然の産物による美しい佇まいが魅力ですね」。

from Top L to R
board / square ¥180000 Card case ¥18000 Pocket ¥10000 (Graphpaper AOYAMA)

 

All prices are tax excluded.

 
 

市川陽子
1985年大阪生まれ。2011年、京都市立芸術大学大学院修士課程漆工修了。飛鳥時代から続く漆皮という技法を追求し現在は制作拠点を京都に置き活動中。今年10月青山のグラフペーパーでも展示を行った。

 

南貴之
ヒビヤ セントラル マーケットや自身のブランド、グラフペーパーのクリエイティブディレクター。その他数多くの店舗ディレクションやブランディングを手がける。本物を見極める審美眼は業界でも一目置かれる存在。

 
 
 

Select Takayuki Minami
Photo Masayuki Nakaya

Related article